花を楽しむアートの世界

鎌倉で小原流いけばなを教えています。

伝統は大切にし、現代に合う可愛いスタイルもあるのが特徴の流派です。


小原流は19世紀末に、流祖・小原雲心が「盛花」という新形式のいけばなを創始し、近代いけばなの道を開いたことに始まります。縦の動きを主に構成する瓶花、面的な広がりの盛花と生活様式の変化に合わせたスタイルを生み出してきました。

映翠いけばなサロン