花を楽しむアートの世界

いけばなを ご一緒に楽しみませんか?

小原流は19世紀末に、小原流流祖・小原雲心が「盛花」という新形式のいけばなを創始し、近代いけばなの道を開いたことに始まります。「盛花」は口の広い器(水盤)に花材を盛るように花を展開させるもので、それまでのいけばなのいわば縦の動きを主にした構成にくらべ、面的な広がりを強調したところに特徴があります。今ではおなじみの水盤と剣山を使ういけばなは、小原流が始めたものです。 小原流は創流から110年以上の歴史を重ね、その時代の生活様式の変化に合わせ、現代にふさわしいいけばなを生み出してきました。

小原流は 時代に合わせて進化している流派です。 伝統は大切にし、現代に合う可愛いスタイルもあるのが特徴です。 四季折々の花を使い いけばなで空間を美しく演出しませんか?


映翠いけばなサロン